忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[699] [698] [697] [696] [695] [694] [693] [674] [692] [691] [690]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:ウエスト・サイド・ストーリー
劇場:東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
日時:2012年7月18日19:00-21:30(途中休憩あり)
料金:A席10000円
座席:3階席1列目センターブロック
脚本&ブロードウェイ・リバイバル演出:アーサー・ローレンツ
音楽:レナード・バーンスタイン
作詞:スティーブン・ソンドハイム
初演時演出・振付:ジェローム・ロビンス
ツアー演出:デイヴィッド・セイント
振付再現:ジョーイ・マクニーリー
出演:
 Tony:ROSS LEKITES
 Maria:EVY ORTIZ
 Anita:MICHELLE ARAVENA
 Riff:DREW FOSTER
 Bernardo:GERMAN SANTIAGO

初めてのヒカリエ、初めてのシアターオーブ、
そして今晩はシアターオーブのオープニンナイトでした。
ロビーにおたち台のようなものができて、報道関係者が
ゲストに群がっていました。



劇場はヒカリエの11階から上にあります。まずは11階に
上ると広いロビー、そこにはカフェ。入場前にお祝いに
泡で乾杯!

そこからエスカレーターで13階にあがり、劇場入り口に。
球体形状の客席外側が見える、近未来風のロビーです。
でも大人数が同時に出るとさばけるのかなあ。とにかく
劇場のつかみはおっけー。
今回は3階席、エスカレーターをずーーーーと上がって、
客席にはいってびっくり、3階席は傾斜がかなり急、そ
のうえ目の前の手すりが低いのです。ちょっと前に乗り
だしたら1階まですとんと落ちてしまいそう。高所恐怖
の気味がある人は3階前方は避けた方がよいでしょう。
私はかなり、、、
そのかわり舞台は全体が見やすく意外と近くに見えます。



前奏曲が始まった段階でもうわくわく。あまりにも有名
な曲なので何度聞いたことかわかりませんが、それゆえ
脳内にいろんな刺激がくるようです。
舞台の第一印象、みんなかわいい!若いっていいわねえ。
トニーは田舎からぽっと出の好青年という雰囲気、
マリアはしっかり世間知らずのおじょうちゃん。皆すごい
お子様な雰囲気で、たしかにこの作品て抑圧されている
子供同士が同士討ちをしてしまうという悲劇だったのだな
あとあらためて思いました。社会の底辺で折りたたまれた
子供たちが、あらぬ方向へ熱意をほとばしらせてしまって
いる雰囲気が良く出ていました。トニーはかっこよくて
透明感溢れる声で、彼らの中では年上、でもお子様なの
で盲目な方向に走ってしまうというのが自然で素晴らしい。
子供たちの中で唯一大人だったのがアニタ、凄い存在感、
あねさんかっこいいです。
それにしてもジェームスロビンスの振付は良い!3階最
前列だと振付がはっきり見えるのが嬉しいです。クールを
見ていて熱くなりました。さほど広くない空間を駆け回る
躍動感は素晴らしいものがありました。
おなじみの曲もみな嬉しく、こけら落とし公演を存分に
楽しめました。



拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析