忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[933] [931] [928] [927] [1032] [924] [922] [921] [915] [914] [913]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:十二夜
劇場:日生劇場
日時:2015年3月21日12:00-
料金:割引7500円
座席:1階L列7番
出演:
ヴァイオラ/セバスチャン:音月桂
オーシーノ:小西遼生
オリヴィア:中嶋朋子
マルヴォーリオ:橋本さとし
フェイビアン:青山達三
サー・アンドルー:石川禅
サー・トービー:壤晴彦
フェステ:成河
マライア:西牟田恵
船長:宮川浩
アントーニオ:山口馬木也
解説:
双子の兄妹セバスチャンとヴァイオラ(音月桂・二役)の乗る船が、
見知らぬ土地イリリアの沖で遭難した。岸にたどり着いたものの、兄
は溺れたと信じて絶望するヴァイオラは、護身のために兄の服に身を
包んでシザーリオと名乗り、オーシーノ公爵(小西遼生)に仕えるこ
とにする。
そのオーシーノが恋をしているのは、父と兄の喪に服している伯爵家
の若きオリヴィア(中嶋朋子)。彼を拒み続けるオリヴィアに想いを
伝えてもらおうと、 オーシーノはシザーリオを使いにやる。オーシー
ノに恋心を抱くヴァイオラは切ない気持ちを抱えオリヴィアの元へ向
かうが―。
オリヴィアはシザーリオを本当の男性だと信じて恋に落ちてしまう。
一方で、ヴァイオラの双子の兄セバスチャンが現れる。
奇跡的に助かった彼は妹と同様にイリリアの街に着き、そこで偶然に
もオリヴィアと出会い……。
そしてオリヴィアに密かに恋する執事マルヴォーリオ(橋本さとし)
に仕掛けられた悪戯が、物語をさらなる狂騒へと駆り立ててゆく。



ヴァイオラとセバスチャンの演じわけがすばらしい。
ヴィオラとセバスチャンの切り替わりも見事、だまされました。
脇役もみんな芸達者、オーシノーは大変なイケメン役、道化もとても
雰囲気が出てます。アントーニオはとても献身的。
オリヴィア役の中嶋朋子がまるで大竹しのぶにみえました。
なんだか雰囲気がそっくり!
かなりよくできたプロダクションでした。この面子ならまた見たいかも。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析