忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[890] [889] [901] [888] [900] [899] [898] [887] [886] [885] [884]


題名:火のようにさみしい姉がいて
劇場:シアターコクーン
日時:2014年9月6日18:00-20:15(途中休憩あり)
料金:S席9500円
座席:前方まんなからへん
企画・製作:シス・カンパニー
作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄
出演:
中ノ郷の女:大竹しのぶ
妻:宮沢りえ
男:段田安則
みをたらし:山崎一
スキー帽:平 岳大
青年:満島真之介
見習:西尾まり
ゆ:中山祐一朗
しんでん:市川夏江
べにや:立石涼子
さんざいみさ:新橋耐子

最初は舞台の楽屋、夫婦でどっちが狂っているかわからない。
シェイクスピアの台詞で会話、そこだけ突然流暢。
鏡のなかに見える床屋、どうも不条理。
田舎へ帰ってきて、無人の床屋にはいってしまう。
でもそこでは客や主人が隠れていた!
因縁つけられてどんどん自分が狂っていくような、、
場の雰囲気は凄いが、面白いかというとうーん、なんか
とてつもないものになりそうな、、
2 幕は、1幕とは違った形の悪夢?
理髪店のおばさんが実は姉、と主張。でもなんとなく辻褄は合う。
毒消しの代わりに嘘を売っていたらしい。
嘘つきのかたまりで、何がほんとで何が真実かわからず、鏡のうち、、
ってドンキホーテですか?で気が狂いかけ、そして妻を絞殺する。
シバタサーカスも登場。役者はみんな凄くうまいんだけど、
爽快感は無し。
意図して後味悪く作っているのが感じられます。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析