忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[358] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333] [332]


題名:Thriller Live
日時:2009年2月8日19:30-22:05(途中休憩あり)
劇場:Lyric Theatre
料金:50.5GBP
座席:Dress Circle A8(2階席最前列右より)
演出・振付:Gary Lloyd
追加振付:Lavelle Smith Jnr. and Kerys Nathan
出演:
ボーカル
Ricko Baird, Ben Foster, John Moabi, Denise Pearson, Roger Wright
Kieran Alleyne?(マルチキャストなので自信なし)
Walking Cover for Lead Male vocalist: Earl Perkins
曲名:
Music and Me, I Want You Back, ABC, The Love You Save, I'll Be There, Ben,
Show You The Way to Go, Shake Your Body, Blame It On The Boogie,
She's Out of My Life, Off The Wall, Get On The Floor, Rock WIth You,
It's The Falling In Love, Don't Stop Till You Get Enough, Can You Feel It,
Wannabe Starin Something/P.Y.T, Beat It, The Way You Make Me Feel,
I Just Can't Stop Loving You, Smooth Criminal, Dirty Diana, Remember the Time,
Man In the Mirror, Dangerous, Earth Song, Heal The World, Billie Jean,
Thriller, Bad, Black Or White

開演20分前に劇場窓口で購入。TKTSに半額で出ていたのですが、日帰りツアーに行っていた私
には買えるタイミングがありませんでした。日曜の夜の公演自体が普通の舞台ではないものです。
1階席はほぼ満員。思ったより客層が若いのです。私より年上ばかりかと思っていました、。
舞台は左右に階段、上にキャットウォーク、背後にバンド。色とりどりの照明に背後に動画
の投影。最初は小さな子供入りでジャクソンファイブの曲ががんがん歌われました。
物まねコンサートというよりは、マイケルに捧げるコンサートといった風情。キャストがいれ
かわりたちかわり歌い踊るのです。バックダンサーもがんがん踊ります。客席のノリも良い感じ。
ただ、1幕で私が知っていた歌はABCくらい?
2幕からは知っている曲多数、ボーカルはボーカルで歌い、ダンスはダンスだけという分業、
Walking Cover というのは歩く専門ということなんでしょう。振付もだいたいオリジナルのまま。
Billie Jean が終わった段階でキャストの紹介をして、それ以降がアンコールの扱い。
Thriller ではメイクを変えるかわりに狼男のマスクをかぶったまま踊っていました。
私はSmooth Criminal のPVが大好きなので、いかにもというシーンには心が躍りました。
でもいまひとつ物足りないんですよねえ。まずはダンサーがスリムじゃない(^^;) 歌もダンス
も今ひとつなのです。あらためてマイケルの偉大さがわかるというか。。
翌日HMVでマイケルのPV集を買ってしまいました(^^;;;)
うーん、半額ならまあよかったかなあ。


拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析