忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[360] [358] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333]


題名:Sunset Boulbard
日時:2009年2月9日19:30-22:10(途中休憩あり)
劇場:Comedey Thatre
料金:TKTS 半額 30GBP
座席:Stall B7(最前列右より)
演出・振付:Craig Revel Horwood
Arrangements & Musical Supervisor Sarah Travis
Designer:Diego Pitarch
照明:Richard G Jones
出演:
Heather: Elisa Boyd
Artie Green: Tomm Coles
Sheldrake: Alexander Evans
Norma Desmond: Kathryn Evans
Mary: Kate Feldschreiber
Joe Gillis: Ben Goddard
Manfred: Sam Kenyon
Frank: Nick Lashbrook
Hog-Eye / Shadow MD: Tarek Merchant
Cecil B De Mille: Craig Pinder
Betty Schaefer: Laura Pitt-Pulford
Joanna: Helen Power
Max Von Meyerling: Dave Willetts



当日18時ごろにTKTSで購入。最前列がTKTSにでるのがロンドンの良いところ。
もっとも案の定床は目の高さより上にありますが。このコメディシアターはかつて
真夏の夜をみた劇場です。かなり規模が小さいのに客もはいってない感じです。
舞台上には左右に楽器それに少しの大道具。舞台中央奥にはコントラバスとソファ
キャットウォークに続く螺旋階段、それに金属質の椰子の木。
ピストルの音で公演開始。演奏もキャストが行っていました、
ビオラ、アコーディオン、トランペット、コントラバス、フルート、楽器を持ったまま
台詞をしゃべっているのです。楽器を持たないのはノーマくらい、Joeは
色んなものを持ち替えて演奏します。ピアノ弾いたりフルート吹いたり、バスを弾いたり
いそがしい。スイニートッドから始まったオケなし低予算演出の流れなんでしょうか。
曲調は同じなので物悲しい雰囲気が漂うのですが、それとともにどよよんとびんぼくさい
雰囲気も漂っちゃいます。場面転換も最小限の道具の移動で行われ、気分はもう小劇場。
ノーマの老醜は見事に描かれているというか、かなり怖いのです。にいちゃんが金や義理に
負けていって駄目になっていくのも良く雰囲気が出ています。
これならツアーに持って行きやすいし、こういう演出もありだと思いますが、私はサンセット
では派手なセットが見たいのです。客の入りもいまいちだし、さていつまで続くのか?

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析