忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:La Cage Aux Folles
日時:2009年2月7日19:30-22:00(途中休憩あり)
劇場:PLAYHOUSE THEATRE
料金:63GBP+手数料6GBP
座席:Stall K16(客席ほぼ中央)
出演:
   Georges: Steven Pacey
Albin:Graham Norton
Les Cagelles:
Chantal:Mr Matt Krzan(代役)
Hanna:Nicholas Cunningham
Mercedes:Mr Scott Spreadbury(代役)
Bitelle:Gary Murphy
Angelique:Dane Quixall
Phaedra:Ben Bunce
Jacob:Jason Pennycooke
Anne:Alicia Davies
Jaqueline:Tracie Bennett
M.Renaud:Paula Wilcox
Colette:Leanne Harwood
Tabarro:Robert Maskell
Edouard Dindon:Iain Mitchell
Mme, Dindon:Paula Wilcox
   Jean-Michel:Mr Ben Deery(代役)
   Francis:Mr Darren Carnall(代役)
   Etienne:Mr Scott Spreadbury(代役)



客席の最前列は丸テーブルになっております。あそこはどうやって売ってるんだろう?
客席はさほど大きくない劇場で、1階ならどこに座っても見やすいと思われます。
客層はお年寄りカップルが多く、男性のための舞台という雰囲気ではありません。
バンドは両サイドに作られた2階に配置。ほんとの2階サイドの客席とそっくりの構造。
限定公演なのですが、上演期間延長が決まるなど評判が良いので見にきました。
でもAlbinはキャストが代わっているのでちょっと心配してましたが、杞憂でした。
オープニングからがっしりつかまれました。Les Cagelles がいい。
皆がでかくて、しかも小気味よく動く。6人しかいないのにもうそれで舞台が狭い。
迫力満点のダンスに歌、しかもひとりひとりが違ってキャラがたっています。代役が
2人も入っているのにこれですから全員そろってたらどんな風にみえたのでしょうか?
足の陰影がとてもきれい。腹がワレてるキャストもあり。
Albinもハスキーな声でばっちり。1幕エンディングの "I Am What I Am" では、
思わず貰い泣き。
このAlbin 役は有名なゲイのTV俳優なのだそうです。もちろん演技は素晴らしい。
2幕でおじさんになりきろうと努力している姿に泣けましたよ。レストランでの
"Best of Times "でももらい泣き。Jean-MichelがAlbin に謝るところもそれまで
の物語がうまく描けているだけにとても盛り上がりました。
かなりお勧めの舞台です。ラカージュ見てないなら現在のロンドンでMUST SEE の
一つでしょう。


拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析