忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:新国立劇場ダンス 2013/2014シーズン『ある女の家』-A Woman’s House-
劇場:新国立劇場 中劇場
日時:2014年1月23日19:00-20:20
料金:A席5250円
座席:1階 1階5扉 11列 57番
構成・振付:小野寺修二
出演:浅野和之 河内大和 竹内英明 藤田桃子 小野寺修二
照明:磯野眞也  美術:松岡泉
衣装:堂本教子  舞台監督:矢島健
アーティスティック・コンサルタント:デヴィッド・ビントレー

2011/2012シーズンにダンス公演『カラマーゾフの兄弟』を新国立劇場(小劇場)
にて新作上演し、高い評価と観客の圧倒的な支持を得た小野寺修二 カンパニー
デラシネラ。
今回は、カンパニーの新境地を開くきっかけとなった08年の作品『ある女の家』
を中劇場の空間で改訂再演します。空間を自在に操るようなスピーディで刺激的
な演出・振付に「セリフ」が加わり、誰も見たことの無いしかも目を離すことの
できない魅力的な世界が創造されることでしょう。
※出演を予定していた梶原暁子は怪我のため出演が出来なくなりました

「空白に落ちた男」を物凄く気にいっていました。その作品と、演出・美術が
同じコンビであるということで楽しみにして見にいきました。
新国立のジャンルではダンスに分類されているのですが、どちらかというと
パントマイムに近い作品。台詞はほとんどなし。アナウンサーが語る場面は
あります。
なんとなく繋がっている物語がキャストの動きによって描かれます。
「ある女の家」での物語なのですが、ベッド、ドア、箪笥、斜めのソファー
などがうずたかく積み上げられ、その上に部屋があるという形状。そこらじゅうに
物干しロープ、ドアや窓や箪笥のとびらなどから人が出入りするのです。
へんな場所でのへんな動きで、片時も目を離せません。
あっという間に1時間20分がたってしまいました。また見たい。

拍手[0回]

PR



題名:第20回 神奈川国際芸術フェスティバル東京バレエ団「ジゼル」全2幕
劇場:神奈川県民ホール大ホール
日時:2013年10月19日(土) 15:00-17:20(途中休憩あり)
料金:招待券でみました
座席:1階26列
劇団:
作・演出:
振付・演出:J.コラーリ/J.ペロー/M.プティパ/L.ラヴロフスキー
改定振付(パ・ド・ユイット):V.ワシーリエフ
音楽:アドルフ.アダン
美術・衣裳:ニコラ.ベノワ
総監督:佐々木 忠次
芸術監督:飯田 宗孝
出演:上野 水香(ジゼル),木村 和夫(アルブレヒト),
  森川 茉央(ヒラリオン)、奈良春夏(バチルド姫)、
  高岸直樹(公爵)、ウィルフリード(柄本弾)、
  ジゼルの母(橘静子)、高木 綾(ミルタ)、
  矢島まい・川島麻実子(ドゥ・ウィリ)
解説:
中世ドイツの山村と深い森を舞台に、王子に恋をした村娘のあまり
にも悲しく美しい愛を描いたロマンティック・バレエの名作「ジゼル」。
幻想的な世界をモチーフにしながらも、愛をめぐる普遍的なテーマが
根底に流れる本作は、世界の名だたるバレリーナたちが、その表現を
競ってきたことでも知られています
 神奈川県民ホールでは、年末のファンタスティック・ガラコンサー
トでおなじみの東京バレエ団のプリマ上野水香が、その卓越した技量
と深い表現力で精霊となっても愛を貫き感動を呼ぶジゼルを演じます。
そして昨年「オネーギン」の舞台でも、明確なテクニックと気品ある
踊りで高い評価を得た東京バレエ団プリンシパル木村和夫が演じる王
子アルブレヒト。二人の紡ぐドラマにひきこまれることでしょう。


--------------

この作品ははじめてみます。出だしはかなり地味に感じました。
しかしアルブレヒトの二股がばれたあと(でいいんですよね)の
ジゼルが凄い。ジゼルは三白眼で狂ったように踊っている。。
見惚れてしまいましたよ。その後はずっと攻め続けるような踊り。
群舞も揃っていて美しい。

拍手[0回]



題名:Le Corsaire(ABT)
劇場:Metropolitan Opera House(NYC)
日時:2013年6月5日19:30-
料金:Orchestra Prime 120USD
座席:Orchestra Prime ROW: C SEAT: 108
Composers: Adolphe Adam, Cesare Pugni, Leo Delibes,
Riccardo Drigo, Prince Oldenbourg
Choreography: Marius Petipa, Konstantin Sergeyev
Set Design: Christian Prego
Costume Design: Aníbal Lápiz
Conductor: David LaMarche
出演:
Medora: Xiomara Reyes
Conrad: Herman Cornejo
Lankendem: Daniil Simkin
The Slave: Ivan Vasiliev
Gulnare: Sarah Lane

満員です。私の座席は1階最前列センターで指揮者の真後に
あたりました。しかし指揮者はさほど気になりません。
指揮棒が右手なのも大きいかも。SEAT109は要注意ですね。

オープニング、船が難破しません。こういうバージョンも
あるんですね。
奴隷市場ではまるで天使のように踊る奴隷商人、のびやか
に美しく、つけ髭もとってつけたよう、宙を浮く感じ。
アリの筋肉は美しい。アリはあたかも空中浮遊をしている
かのよう。ソロのシーンでは拍手でショーストップになり
ました。目が釘付け!もっと見続けていたい!
コンラッドは力強くてたくましい。メドーラは非常に美し
くしかも速く回ります。コンラッドとの組み合わせはとて
も安心感あり。しかしこの作品の筋書きは、荒唐無稽とい
うか辻褄あってます?まあ辻褄なんてどうでも良くなる位
のダンスの迫力でした。

拍手[0回]



題名:Alexei Ratmansky Premiere(ABT)
劇場:Metropolitan Opera House(NYC)
日時:2013年6月3日19:30-
料金:Center Parterre 235USD
座席:Center Parterre, ROW: 17, SEAT: 3
Composer: Dmitri Shostakovich
Choreographer: Alexei Ratmansky
Set Design: George Tsypin
Costume Design: Keso Dekker
Lighting Design: Jennifer Tipton
Conductors: David LaMarche, Charles Barker
番組:
Symphony #9:
Chamber Symphony:
Piano Concerto #1:

Symphony #9
Music:Dmitri Shostakovich
Conductor: David LaMarche
出演:
Veronika Part, Roberto Bolle,
Jared Matthews, Stella Abrera, Sascha Radetsky


セットが全くないまっさらな舞台にシンプルな黒のコス
チュームでの群舞。肉体だけで勝負!という雰囲気。
それでいてコミカルに見える振り付けが多く、見ていて
楽しい。じわじわと崩れ落ちていって最後にばったり床
に寝そべったときには客席から笑いが漏れた。
照明もちょっと不思議で、上半身明るく足元を暗くした
り、背景を暗くしてそのなかでのたのた動き回るとか。
小気味良い動きでかなり気に入りました。

Chamber Symphony
Music: Dmitri Shostakovich
Arranged:Rudolph Barshai
Conductor: Charles Barker
出演:James Whiteside,Sarah Lane,
Yuriko Kajiya, Hee Seo

背景にはいかめしい顔がいくつも。
そして暗い照明の中で暗いメロディにあわせてのダン
ス。キャストの衣装は1幕目よりもカラフル。そしてメ
インのおにいさんは裸のおなかを出して、、このおな
かの筋肉がかっこいい!でも暗いのでどうもわかりに
くいというか。。。日本人キャストはかなり活躍して
ますね。将来楽しみです。
このインターミッションで隣に座った夫妻から話しか
けられました。なんでもNYCBとABT両方のサブ
スクリプションを持っているとか。羨ましい限りです。
隣のボックスはだれもいないのですが、ABTの偉い
人が持っている座席らしい。色々お話ししているうち
に、私が属しているNPOが招聘しようとした
パフォーマの知り合いであることがわかりました。世
の中狭すぎです。
名刺交換して来年はランチでもということに。。

Piano Concerto #1
Pianist: Alan Moverman
Trumpeter: Carl Albach
Conductor: Charles Barker
出演:
Gillian Murphy is injured and unable to perform.
The principal dancers will be Christine Shevchenko, Xiomara Reyes, Calvin Royal III and Daniil Simkin

背景には、お星様やハンマーなどがパステルカラーで
吊り下げられています。これっておもちゃ?
主要キャストはオレンジまたは灰色(銀?)のコス
チューム、アンサンブルは前と後ろがオレンジと灰色、
後ろを振り向けば色がくるりとかわるのです。
2幕よりも明るい(照明的に)舞台、組体操みたいなパ
ターンもあり、なんだか楽しい。
大人数が狭いスペースで踊るシーンが多く、人口密度
が高い振付だなあと。Simkinを見るのは久々なのです
が、かなり逞しくなりましたねえ。
しかしMurphyを見られなかったのは残念。。

ABTプレミアだったこの作品、全般的に満足しまし
たが、1幕目が一番心に訴えかけましたよ。やはりい
ろんな意味で明るくなければねえ。
それにしても2階席は以前に感じたより舞台が近く感じ
られましたよ。これなら(値段が高いことを棚上げす
れば)またここで見てもいいかも。。でも2倍近い価
格はなんとかならんものでしょうか。。。

拍手[0回]



題名:歴史いぜんの記憶ーうむすな
劇場:世田谷パブリックシアター
日時:2013年5月22日19:00-20:30
料金:S席4500円
座席:1階2列目センターブロック
劇団:山海塾
演出・振付・デザイン:天児
音楽:加古隆/YAS-KAZ/吉川洋一郎
舞踏手:天児牛大/蝉丸/岩下徹/竹内晶/市原昭仁/長谷川一郎/松岡大/石井則仁
Ⅰ 跡形  あとに残ったしるし
Ⅱ たち現れるものたち
Ⅲ 水からの記憶
Ⅳ かなたへ吹き去る風の中で
Ⅴ 樹の鏡
Ⅵ 限りない堆積と浸食
Ⅶ うぶす

「うむすな」は「うぶすな(産土)」
「うぶす」は生まれる
「な」は土・地
「うむす」は有と無を含む

初演は2008年7月シャトーバロン国立文化創造普及センター野外円形劇場(フランス)
野外バージョンとして制作された作品を劇場版に再創作し、東京初演。

両側に下げられた2つの砂時計
砂が敷かれた2つの場
瀧のように天から降り注ぐ砂

たち現れた火が孕み
水底から産まれ出る
風は流れ木々は震える
降り注ぐ砂が地をつなぎ
また何かが生まれる

生まれることは死ぬこと 
死ぬことは生まれること
宙の中で同じことが繰り返されるが
それは決して同じではな

-----

初めて山海塾を見ました。とにかくかっこいい、DUNEだ!! いつ
砂鰊が床から出現してもおかしくない。
砂時計がふんだんにあり、砂の降る音から始まります。
全ての場面が美しい。非常に壮大で無限の時間を感じます。
降り続ける砂が永劫の時を表しているよう。
アンサンブルは精霊みたい。人間の体とは思えません。
天児さんのソロに至っては全てを統べる絶対者のごとく。。
この美しさを表す言葉を私は持っていません。
また見たい。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析