忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[800] [799] [798] [797] [796] [795] [792] [791] [794] [790] [793]


題名:唐版 滝の白糸
劇場:シアターコクーン
日時:2013年10月26日19:00-20:50(途中休憩あり)
料金:招待券で見ました(S・\9,500 A・\7,500)
座席:中二階BL7
作:唐十郎 演出:蜷川幸雄
出演:大空祐飛、窪田正孝、平幹二朗、
鳥山昌克、つまみ枝豆、井手らっきょ、マメ山田、プリティ太田、
赤星満、ミスター・ブッタマン、澤魁士、野辺富三、谷中栄介、
浦野真介、堀源起、砂原健佑、續木淳平 ほか
解説:
大空祐飛×窪田正孝×平幹二朗 「唐版 滝の白糸」  
唐十郎の戯曲に蜷川幸雄が挑む!
《唐十郎×蜷川幸雄 “禁断の企み” 再び蘇る!》
蜷川幸雄が『盲導犬-澁澤龍彦「犬狼都市」より-』に続いて
挑むのは、同じく唐十郎の傑作戯曲『唐版 滝の白糸』。
本作は1975年初演。実現不可能といわれた大掛かりな装置
を、映画撮影所を劇場に選ぶことで可能となり、上演に成功。
まさに、時の一大事件となった作品である。唐十郎が、泉鏡花
作「義血侠血」に想を得て大胆に構成し、謎めいた味わいが散
りばめられた会話の呼応、哀しくも痛切な抒情が込められた台
詞の数々。「演劇スペクタクル」と称賛された伝説的作品が1
3年振りに蘇る!
心中の生き残りとしてもなお、その生命力を燃やす水芸人・お
甲に、大空祐飛!少年から、禁断の恋に翻弄される青年へ多面
的な煌めきを魅せるアリダに、窪田正孝!
寂れた町で、過去を追い求めるかに見える謎の男・銀メガネに、
平幹二朗!
崩れかけた長屋の一角にやってきた青年・アリダ(窪田正孝)、
彼の後を追うナゾの男・銀メガネ(平幹二朗)、そして、アリ
ダの兄と無理心中するも手元不如意となり金の無心にきた女・
お甲(大空祐飛)の3人を軸に物語が展開する。

ーーー
とにかくお甲がかっこいい!スポットを浴びて登場するシーンが
ヒーローかくあるべしといった感じ。ひとりかがやいているのです。
三輪車が宙を飛び、ミゼットプロレスの登場、クライマックスには
舞台上で水芸の展開、唐ワールドへと引き込まれました。
ミゼットプロレスってやっぱり7人の小人?
最後の水芸は本水使って派手なんですが、曲芸としてもうちょっと
きっちりやってくれれば、もっと場面が締まったと思いましたよ。
まあパロディなんでしょうが。。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析