忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[798] [797] [796] [795] [792] [791] [794] [790] [793] [789] [788]



題名:第20回 神奈川国際芸術フェスティバル東京バレエ団「ジゼル」全2幕
劇場:神奈川県民ホール大ホール
日時:2013年10月19日(土) 15:00-17:20(途中休憩あり)
料金:招待券でみました
座席:1階26列
劇団:
作・演出:
振付・演出:J.コラーリ/J.ペロー/M.プティパ/L.ラヴロフスキー
改定振付(パ・ド・ユイット):V.ワシーリエフ
音楽:アドルフ.アダン
美術・衣裳:ニコラ.ベノワ
総監督:佐々木 忠次
芸術監督:飯田 宗孝
出演:上野 水香(ジゼル),木村 和夫(アルブレヒト),
  森川 茉央(ヒラリオン)、奈良春夏(バチルド姫)、
  高岸直樹(公爵)、ウィルフリード(柄本弾)、
  ジゼルの母(橘静子)、高木 綾(ミルタ)、
  矢島まい・川島麻実子(ドゥ・ウィリ)
解説:
中世ドイツの山村と深い森を舞台に、王子に恋をした村娘のあまり
にも悲しく美しい愛を描いたロマンティック・バレエの名作「ジゼル」。
幻想的な世界をモチーフにしながらも、愛をめぐる普遍的なテーマが
根底に流れる本作は、世界の名だたるバレリーナたちが、その表現を
競ってきたことでも知られています
 神奈川県民ホールでは、年末のファンタスティック・ガラコンサー
トでおなじみの東京バレエ団のプリマ上野水香が、その卓越した技量
と深い表現力で精霊となっても愛を貫き感動を呼ぶジゼルを演じます。
そして昨年「オネーギン」の舞台でも、明確なテクニックと気品ある
踊りで高い評価を得た東京バレエ団プリンシパル木村和夫が演じる王
子アルブレヒト。二人の紡ぐドラマにひきこまれることでしょう。


--------------

この作品ははじめてみます。出だしはかなり地味に感じました。
しかしアルブレヒトの二股がばれたあと(でいいんですよね)の
ジゼルが凄い。ジゼルは三白眼で狂ったように踊っている。。
見惚れてしまいましたよ。その後はずっと攻め続けるような踊り。
群舞も揃っていて美しい。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析