忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[704] [703] [702] [701] [700] [699] [698] [697] [696] [695] [694]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





題名:マエストロ聖響の夏休みオーケストラ!
劇場:神奈川県立音楽堂
日時:2012年8月18日15:00-16:50(途中休憩あり)
料金:3500円(招待券で見ました)
座席:20列11番(後方通路側)
出演:指揮・金聖響/ヴァイオリン・三浦文彰
    管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
曲目:チャイコフスキー/歌劇「エフゲニー・オネーギン」より ポロネーズ
    ヨハン・シュトラウス/ピッツィカート・ポルカ
    プロコフィエフ/交響曲第1番 ニ長調「古典的交響曲」より 第4楽章
    ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲 第1番ト短調 より 第3楽章(ヴァイオリン独奏:三浦文彰)
    ベートーヴェン/交響曲 第7番 イ長調 より 第4楽章


神奈川県立音楽堂にきたのは初めて。
駅から徒歩10分程度で坂を登ります。
ここは客席の勾配がかなり急でどこに座っても聞きづらいという
ことはないように思われました。
子供たちに音楽を体験させるということで、劇場スタッフにも子供
たちが登場、前説もかわいい声でアナウンスしていました。
もちろん客は家族連ればかり。
ロマンチックな曲や威勢のよい曲、緩急つけて飽きさせません。
一番うけてたのはアルプス1万尺を翻案したYankee Doodle
テンポよく、とても派手。
子供たちふたりの体験指揮あり。前日に特訓していたそうです。
小学1年生と高学年かな。カルメンを指揮しました。
1年生くんの感想が大物で、ちょっと遅かったかな、場内爆笑。
高学年くんはすごく緊張していたにも関わらず、まともに指揮
してました。マエストロから「普通に指揮できている」という
おほめの言葉、将来何になりたい?という問いに「歯医者」
そこは指揮者と答えて欲しいところでしょうw場内再度爆笑。
次は子供たちを舞台の上に座らせて演奏を鑑賞させました。
オーケストラの隙間のいろんなところに座り込んで目の前で
の音を聞く子たち、演奏の音が前に出てきません。人間の体って
デッドなんだなあと思い知らされましたよ。
子供が来るように作られている番組なのでクラシック初心者でも
十分楽しめました。
オーケストラクラシックの入門としてかなり良いプログラムかも
しれません





拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析