忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]


題名:アメリカン・バレエ・シアター「海賊」
日時:2008年7月21日13:00-15:45(途中休憩2回あり)
劇場:東京文化会館
料金:S席割引15000円+手数料315円
座席:1階21列4番(後方左端近く)
演目:「海賊」(全3幕)
振付:コンスタンチン・セルゲーエフ
出演:
  メドーラ(ギリシャの娘):ジリアン・マーフィー (GILLIAN MURPHY)
  コンラッド(海賊の首領):ゲンナジー・サヴェリエフ(GENNADI SAVELIEV)
  アリ(コンラッドの奴隷):エルマン・コルネホ(HERMAN CORNEJO)
  ギュリナーラ(パシャの奴隷):マリア・リチェット(MARIA RICCETTO)
  ランケデム(市場の元締め):サーシャ・ラデッキー(SASCHA RADETSKY)
  ビルバント(コンラッドの友人):ミハイル・イリイン(MIKHAIL ILYIN)
セイード・パシャ(コス島の総督):ロマン・ズービン(ROMAN ZHURBIN)
演奏:東京ニューシティ管弦楽団



海賊は一部だけがガラでよく上演されるそうですが、私は全くの初見。
冒頭は海賊船のシーンから。えーと難破したんですか?すぐに市場のシーンになったような。
市場ではランケデムの腕力に惚れました。まるで糸操りのようにスムーズにリフトします。
パシャがこれまたかわいい。舞台上でひとりだけ演技してましたね。魅力にあてられて
卒倒するところとかキュートでしたね。コンラッドは余裕をもったシャープなジャンプを
します。半裸のアリはより躍動的、ダンサーには珍しく胸筋がついてます。肩から三頭筋の
盛り上がり方も素晴らしい。身体にばねがはいってるみたいに飛びます。でも着地音がかなり。。
メドーラは優雅、綺麗なピルエットです。
第二場は一番の迫力、アリがジャンプしてゆっくりピルエットしたかと思ったら着地寸前に
もう一回転、おもわず目を疑っちゃいました。コンラッドはジャンプして小さく足を回したか
と思いきや、次の脚で頭上の空気を切り裂きました。どよめく客席。まるで脚がのびたみたい。
メドーラもフェッテで続けざまに回っている最中にピルエット、多分三回以上。軸足もほとんど
ぶれません。しかしコンラッドがメドーラを持ち上げる時はどっこいしょなんだよなあ。
三幕は群舞主体なんですが、なんというかとってつけたような感じでした。エンディングの
難破は最もとってつけた感じ、冒頭に戻るということを意図したのだとは思いますが、
まあ筋書き考えたら負け、という作品ですね。
たぶん二幕だけ上演されているのだろうなあ。



拍手[0回]

PR


題名:Don Quixote
日時:2008年6月9日20:00-22:30(途中休憩あり)
劇場:METROPOLITAN OPERA HOUSE
料金:ORCH 94 USD + MET手数料 5.5USD
座席:ORCH A110(最前列中央より一つ右)
出演 :
G. Murphy
E. Stiefel


ほぼ満員、売れ行きは土曜と断然違いますね。
(しかしこの週の木曜日にはTKTSに半額で出てました)
私の左隣のA108と109は空席になっていました。これらの座席、
やっぱり指揮者の頭でみえないよねえ。私の席でも指揮者の手が
邪魔になることがあります。実は2幕から隣のおばさんたちが1席
ずれて座ったので、私もずれてA111に座ってみてました。やはり
かなりみやすさが違いますねえ。次はA111かA112がほしいぞ。

オープニングはドンキホーテとサンチョパンサが道に迷うところ。
ドンキホーテはすらりと立っているし、さんちょはこぶとりじゃないし、
やっぱりダンサーがやると違うものになるんだろうなあという予感。
すぐにスペインの街角にうつって、群舞。こどもたちかわいい。
町娘という風情のコスチュームプレイもかわいいねえ。登場した時の
拍手の大きさはMurphyよりStiefelの方が上。このキトリとバジルの
能天気お間抜けカップル、男は浮気者、父親が心配するのもむりもない。
この父親、屋根の上のバイオリン引きから抜け出してきたような雰囲気です。
最後はサンチョがソーセージを盗んで、それをおっかける父親は手に魚
それでサンチョを殴ろうとして間違ってガマーシュなぐっちゃいます、
ここはSpamalotですかw というかこっちのほうが先なんだろうなあ。
ドンキホーテはキトリをドルネシア姫だと勘違いするのです。
キトリはジャンプで見得を切るかんじ。舞台の端から端までピルエットで移動
したときは拍手でショーストップ。ほんとうに軸がぶれない上下動がない
きれいな回転です。バジルはジャンプでほとんど予備動作がなく
すっと飛び上がるところがすごい。リフトでもどっこいしょ感がなく
非常にスムーズに持ち上がっています。片手のリフトもほんと軽々と
しているかのよう、筋肉が震えることもありません。この人かなり筋肉あり
ますねえ。脇で出てくる闘牛士のにいちゃんもかなりキザ、いい感じです。
でもって男は皆うわきものー(笑)闘牛士と踊り子のカップルもなかなか
良い。剣をつきさした床を踊り子がうまくおどっていくのは見もの、
今はなきフィギュアスケートのコンパルソリを見ている気分。それにしても
踊り子はでかい、手足がながくてすごい迫力。一応物語バレエらしく、
マイムによる語りが少しははいるのですね。私は床屋で食えますとか。。
さて、幕間、私の目の前で演奏者と観客の交歓がなされていたりします。
指揮席まで上ってきてお友達トーク炸裂か。ああ、無駄話を聞ける耳がなく
なっているOrz
2幕は妖しいジプシーの居留地、どよどよした森の奥には風車が見えてます。
無理やり物語に風車を持ち込んだにおいがぷんぷんしますよw
もちろんこの風車にドンキホーテがつっこむのです。そしてキトリたちは
ジプシーの中に逃げ込むわけです。
ジプシーの兄さんはすごく良い筋肉、ダンサーにはめずらしく胸筋もついて
いてほれぼれする体型です。これですごく高いジャンプするのですから、
すばらしくダイナミック。高くてそして速い!
夢の中?のキューピッドほんとうに軽くて、空気に浮いてしまうくらい、
そしてかわいい。ずーっとポアントであれだけ動き回れるのってすごい。
ドリヤドの女王?は気品あふれる優雅でしかも力強い踊り、最後の回転
ではショーストップになりました。すごく速い!
イタリアンフェッテも、最初はどんな動きかよくわかりませんでしたよ。
定位置での連続はすばらしく感じられます。
ところで妖精たちのダンスの後ろはオドロオドロシイ亡霊の顔みたいな幕
なんですが何か意味があるの?
父親を説得するために自殺するふりをしてみせるバジル。ここすごくべた
というかクサイマイムなんですが、もうちょっとやりようがあるような(^^;;)
2幕がおわると22時ちかく、一昨日はここでもうおしまいだったのです。
やっぱり1幕足りない感じだったんだよなあ>一昨日
3幕はキトリとバジルの結婚式、ドンキホーテはほとんど刺身のツマ扱いです。
キトリとバジルのグラン・パ・ド・ドゥはまさに迫力満点。グランフェッテ
は力技ですごい、、がやっぱり軸がずれていってしまうのは仕方ないんですか?
アティテュードのバランス時間は、曲芸でバランス芸を見慣れていると
ちょっと物足りない気がするのですが、バレエだと雑技と違った難しさが
あるんでしょうか?
この作品は全体としてダンサーの力量がはっきり出せる振付でかなり見ご
たえがありました。ただねー、これを「ドンキホーテ」と言いますか?
題名は「キトリとバジル」の方が自然じゃないですか?
ドンキホーテの扱いかわいそすぎ。

拍手[0回]



題名:Twyla Tharp World Premiere
日時:2008年6月7日20:00-22:01(途中休憩あり)
劇場:Metropolitan Opera House
料金:106USD+MET手数料5.5USD
座席:Grand Tier A22(3階席最右側ブロック最前列なかほど)
劇団:ABT

Synopsis:
Etudes
Harald Lander's Etudes is an affectionate and exhilarating tribute to
the very art form of classical dance, set to music by Carl Czerny. Often
hailed for its choreographic fireworks, Etudes is the quintessential fusion
of art and technique.


Tharp World Premiere
Synopsis:
Twyla Tharp has choreographed more than one hundred thirty-five dances,
five Hollywood movies, several Broadway shows, and has received accolades
around the world. Celebrating her over twenty-year relationship with ABT,
this esteemed choreographer creates a thrilling World Premiere this spring,
inspired by an ABT-commissioned score from renowned Hollywood film composer
Danny Elfman (Edward Scissorhands, Batman Returns, Spider-Man).
The Tharp World Premiere was co-commissioned by the Orange County Performing Artscenter.

出演:
 Etudes
   X. Reyes
   S. Radetsky
   M. Ilyin

 Rabbit and Rogue (New Tharp Work)
   H. Cornejo
   E. Stiefel
   P. Herrera
   G. Saveliev
   G. Murphy
   D. Hallberg

クラシック公演が隣の劇場で行われており、その前にはチケットをさばく人が多数。
リンカーンセンターではじめてみるなあ、と思っていたら、バレエのチケットを
さばこうとしている人もMETの前にいました。うーむ人気ないのね。
案の定私が座った三階席は左右両翼の後ろ半分は空席です。4階席も同じ感じ。
3階席のサイドはほとんど空席、1階席は9割がた埋まっていました。
このA22という席の目の前にはシャンデリア、開演の少し前に天井まで登っていきました。
右側の舞台おくがほんのちょっと見切れのようですが、ほとんど気になりません。
でもこれより右だときびしいかも。3階席は意外と?みやすいですね。思ったほど
遠くないし、ほとんど双眼鏡を使いませんでした。エチュードのように足元まで見たい
場合は1階席よりよいかも。

一つ目はエチュード、いやあすばらしい。下手な振付バレエや物語バレエなんかより
ずっと心に訴えかけてきます。最初は子供たちが5人舞台の真ん中に立ち、1番から
5番までのプリエ。かわいい!
それから大人たちのバーレッスン、いくつものバーを使ってシンプルな動きでも本当に
きれいに魅せます。練習の基本形を忠実にやってみせているのでしょう。どこかで見た
ことあるような動きばかり。でもそれでもピシッとやると美になるんだあと感心。
でも多少そろってなかったりするのが個性になるの?センターレッスンになって、手と
足の数々のパターンの組み合わせ。ジャンプの基本、ピルエットの基本、足の上げ方、
センターレッスンの途中から男性参加、男性って本当に刺身のツマよねえ。
そしてだんだんバレエに近づいていきます。
男性ダンサーは回る回る、本当に回る、色々な回り方でずっと回り続けます。
女性ダンサーと一緒に足をつかずに30回転以上したときは場内大拍手。
もちろんその前にも回り続けていたのでした。軸がぶれないピルエットを見ていると
本当に気持ちが良い。最後まで複雑な振付を避け、シンプルな動きの美しさに徹した
舞台は見ていてたいへん爽やかです。
舞台を暗くして二本の交差する光線を描き、その上を走りながらジャンプ!
バレエの根源的な美しさを見せ付けられた気分です。
久々にまた見たくなった番組でした。
でもこれは今日が千秋楽、、ああ昼に見ておけば夜にまた見れたものをOrz

さて期待の新作Tharp World Premiereです。、
真っ暗な舞台にピンスポットが中心に照らされて幕が開きます。その中で踊るのは
黒装束の男。スポットが広がっていってその中を男が回り始めます。
兎と盗賊の物語?はて?舞台を見ているだけでは物語は伝わってきません。
舞台の後ろを黒幕で区切って小さく、その上照明をより小さく照らして
狭くしてその中でダンスが進みます。アンサンブルも皆黒い。ビキニでラメの
衣装もあり。モダンぽいとでもいいましょうか。
振り付けにはソーシャルダンスのステップや、ブロードウェイミュージカル
のどこかで見たような動きも混ざってます。カンフーもばっちりはいってます。
カメハメ波をプリンシパルがうつとはねえw
色々な振り付けへのオマージュというか本歌取りがなされているようです。
これってフォアビドンブロードウェイバレエ版なんですか?
途中で白いコスチュームの集団登場、ひょっとしてスターウォーズだったりして?
私には見慣れていない変な動き満載で、見ていて楽しいのですが、
派手なピルエットもなければ舞台装置も衣装もないし、どうも今ひとつ地味。
舞台は全体として暗いまま、最後に後ろの幕が取り払われて広いところで
群舞で幕。。。え?もう終わり?ABTというと1公演3時間という感覚が
私にあったのですが、終了は22時。なんか番組ひとつ削減された気分です。うーむ。
いや悪いわけではないのですが、これってどうなのかなあ。再演あるんだろうか?

拍手[0回]



題名:空白に落ちた男
日時:2008年2月17日14:30-15:55
劇場:ベニサン・ピット
料金:6500円
座席:G列16番
作・演出:小野寺修二
音楽:coba
出演:首藤康之/梶原暁子/藤田桃子/丸山和彰/小野寺修二
Director's Note:
捜査本部にて、ある事件の犯人を追っている刑事S,机の上には犯人の遺留品。捜査は
完全に行き詰ってしまっている。数日前に女の死体が上がった。しかし決定的な進展が
ないまま時間ばかりがすぎていく。ふと気がつくと目の前に自分のトレンチコートを着た背
の高い男が立っている。誰だ、取り返そうともがくうち、Sは犯人の遺留品を身にまとわされ
ている。背の高い男は、扉から音もなく消え、Sはその男を追いかける。

ある朝、Oは嫌な夢で目覚める。立ち上がった瞬間、何かが揺れた気がした。が、気にし
ないことにする。いつもと変わらぬ朝・・・。ふと妻が二人いる錯覚を覚える。頭を振りよくみ
るとその先にもあわせ鏡のように食卓と妻という光景が続いている。気づくと再びいつもの
光景。心配そうな顔でこちらを見ている妻。妻が席を立ちばたばたと駆けていく。嫌な予
感がする。Oは妻を追いかける。

瓦礫男、気づくと瓦礫の下敷きになっている。なんとか這い出し、埃を払う。ある女が瓦礫
男に近づき、まとわりつく。男は必死で振り払おうとする。しかしいつの間にか翻弄され、無
我夢中で女の姿を追ってしまっている。次の瞬間浴室で女を見下ろしている男。そうだった、
この女は死んでいる。そして殺したのは私だ。死体を片付けなくては。男は何の策もない
まま、女の死体を引っ張りどこかへ運んでいく。

刑事、鏡を見ている。ずっと見ているうちに内側に吸い込まれていく。刑事の内側に何かが
ある。入念に手を洗った後、刑事は机に戻り、机上にあった犯人の持ち物を身につける。鏡
を確認し、扉から出て行く刑事。

反対の扉から、刑事と同じ格好の瓦礫男が登場する。ここはどこ?Oの家である。何かに追
われているさまのOは荷造りをし出て行こうとしている。

図書館にて、自分の過去を調べている瓦礫男、瓦礫男を追う刑事。追っていくうちに刑事は
倒れた瓦礫男を見下ろす女を目撃する。いったい誰が殺され誰が犯人なのか?どんどんと
迷宮にはまり、行き着いた先に繭のように固まった女を目にする刑事。

机に向かっている刑事。物事を反芻している。事の発端は何なのか。気づいてはいけない
明確な何かが、もう目の前に提示されている気がする。ほとんど答えは出ているのだ。

---

休憩無しの75分間、不思議な時間でした。
cobaさんのアコーディオンがまずすごい。緩急があって別世界へ連れて行かれるかんじ。
床も壁も全部小道具がおかれているのはかなり不思議、天井からもベッドが生えているの
です。シャワーブースと洗面台が妙にリアル。
小野寺さんはユーモラスだけれどもシャープな動き。首藤さんはマイムでも他のキャストに
一歩も引きません。ソロのダンスの見せ場もありました。梶原暁子さんは小柄で子猫みたく
可愛い。すごくきれいに動くのです。ダンサーだったのですね。首藤さんが中心にくるので
はなく、キャスト全員による平等で絶妙なチームプレイを見たというところでしょうか。殺陣の
ような正確さで椅子や机を動かし、音ぴたでマイムが絡みあうのは本当にお見事でした。
この作品はすごく気にいっていて、マイムの作品なら今までで1番、ダンスを含めても私にとっ
てかなり上位にくる出来です。でもなんだかうまくその感覚を書き記すことができず、メモ書
きのままほったらかしてあったのです。おもしろいと思った本質はぜんぜんうまく書けてません;_;


拍手[0回]


題名:DuendeⅡ(ドゥエンデⅡ)
日時:2007年6月26日19:00-21:00(途中休憩あり)
劇場:博品館劇場
料金:7000円(招待券で見ました)
座席:Q列13番(後ろから3列目センター)
演出・脚本・振付:上田遙
出演:
 夕顔/サロメ:川井郁子
 光の君/ヨカナーン:西島千博
 女御(六条御息所のイメージ)/コロス:古賀豊
 侍女/コロス:上田はる美
 コロス:横洲良平
 ヘロデ王:上田遙
番組:
 第一部 「夕顔 As if in a dream」
 第二部「サロメ Kiss to a red lip」
概要:(博品館Webページより)
ヴァイオリニスト・川井郁子とバレエダンサー・西島千博のコラボレートステージ。
音楽にそなわっている一つの神秘、“Duende”――麻薬のように人を幻惑させる力――に焦点を当て、新たな表現を創り出す。

バレエとバイオリンのコラボってどうやるんだろう?
ということで見に行ってみました。
確かにビジュアルは強烈ですね。美男美女のコラボ、
客が集まるのがわかるような気がします。
2幕ではヨナカン役の西島さんはパンツ1枚で熱演。
大腿から脹脛のシルエットがとてもきれい。
サロメが脱がないのが不満でしたがw、まあ仕方ないでしょう、
ロビーにはガラスのバイオリンが飾ってありました。
2幕の最初で演奏されたのですが、確かに不思議な
雰囲気を醸し出していました。
しかし、、音響がひどすぎ。バイオリンの音とは思えない音が聞こえて
くるのでほんとに弾いているのか思わず疑ってしまたほど。
録音とバイオリンの重なり方も微妙でどこまで弾いているのか
ぼーっと聞いているとよくわからない。
1幕はいつみても同じ場面、時々うつらうつらしてしまってはっと
眼を覚ますと前と同じ場面。真ん中でたってバイオリンを弾く
ヒロインと、棒立ちで時々くるくる回る源氏がいるという光景。
ピルエットはきれいなんだが、ジャンプに迫力はないし
リフトは遠慮がち。顔はずっと張り付いた笑顔、エアロビクスの
インストラクターならわかる表情なんですが。。。
1幕でまともに演技していたのは悪霊だけね。
というわけで1幕で帰ろうかと一瞬思ったのですが、
2幕で裸体が見えるということを聞いていたので我慢!
2幕はダンサーの裸体で勝負!でも背筋が見えないOrz
下半身と三頭筋から肩あたりはまともなんですが。。
でも1幕に比べて曲と振付にメリハリがあったのでずっとまし。
結局芝居をしたかったのかコンサートをしたかったのか
ダンスをしたかったのか立ち位置がはっきりしませんでしたね。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析