忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


題名:All-Ashton Repertory (American Ballet Theatre)
日時:2010年6月10日19:30-21:40(途中休憩あり)
劇場:Metropolitan Opera House(NY)
料金:Center Parterre 175USD+手数料5.5USD
座席: Section:PARTERRE Box:22 Seats:6 (2階席センターボックス席後方)
Choreography by: Sir Frederick Ashton
Music by: Alexander Glazunov
Costumes by: Andre Levasseur
Lighting by: Steven Shelley

番組:
Birthday Offering
Entree:
Renata Pavam, Gemma Bond, Hee Seo, Simone Messmer,
Stella Abrera, Christine Shevchenko, Irina Dvorovenko
Mazurka
Gray Davis, Carlos Lopez, Thomas Forster, Blaine Hoven
Jared Matthews, Daniel Mantei, Maxim Beloserkovsky

Thaïs Pas de Deux
Maria Riccetto, Jared Matthews(代役)

Awakening Pas de Deux
Veronika Part, David Hallberg

The Dream
Titania: Xiomara Reyes
Oberon: Cory Stearns
Puck:Daniil Simkin
Bottom: Alexei Agoudine
Helena: Karin Ellis-Wentz
Hermia: Kristi Boone
Demetrius: Roman Zhurbin
Lysander: Gennadi Saveliev

2階席は舞台全体が良く見えるのですが、やはり遠い。ダンサーの筋肉は良く見えません。
1幕はながして踊ってる感じに見えます。見せ場があるわけではなく、群舞がそろっている
わけではなく、物語性があるわけではない。元々全体的に地味なのですね。
2幕は男性ダンサーのリフトが非常に自然で見ごたえがありました。きれいな筋肉だ。
最終幕は「真夏の夜の夢」、いわずと知れたシェイクスピアの喜劇です。なんとコーラス
団がオーケストラピットに出現しました。
パックは身軽で愛らしい、ひょいひょいステージを飛び回ります。妖精のダンスもかわいい。
全体としてかなりコミカルな振り付けです。凄さを感じさせる場面はあまりないのですが、
わかりやすくけっこう楽しかったのです。




拍手[0回]

PR


題名:Lady of the Camellias(American Ballet Theatre)
日時:2010年6月7日19:30-22:25(途中休憩あり)
劇場:Metropolitan Opera House(NY)
料金:Orchestra Prime $98.00 + 手数料5.5USD
座席:Section:ORCH Row:A Seats:107(最前列センター隣)
Conductor: Ormsby Wilkins
The Production Team
Composer: Frederic Chopin
Choreographer: John Neumeier
Set Designer: Jurgen Rose
Costume Designer: Jurgen Rose
Lighting Designer: John Neumeier
Lighting Reconstruction: Ralf Merkel
出演:
Marguerite Gautier: Diana Vishneva
Armand Duval: Marcelo Gomes
Monsieur Duval, Armand's Father:Vitali Krauchenka(代役)
Nanina, Marguerite's maid:Nicola Curry
The Duke:Isaac Stappas
Prudence Duvernoy:Simone Messmer
Olympia: Maria Riccetto
Count N. :Carlos Lopez
A pianist: Soheil Nasseri
Auctioneer: Wes Chapman
Gaston Rieux:Sascha Radetsky

Manon Lescaut: Veronika Part
Des Grieux: Eric Tamm

客席はほぼ満員。当日券の列もできていました。劇場内ではかなり立ち見もいました。
ぎりぎりになって客席に飛び込んできた私の左隣の奥様。
かっこよいのですが、香水がきつい。鼻水が止まりません Orz
公共の場にでるときは節度を持ってほしい、指定席だと逃げられないのですから ;_;

さてこの作品はABT初登場です。「椿姫」なのですね。椿姫はストレートプレイしか
見たことがありません。いつかはオペラも見なくちゃね。そして劇中劇が「Manon Lescaut」。
開演前から幕があがっています。舞台上にバレエには珍しく小道具が置かれています。
舞台の上には「Auction 16Mars 1847」 という立て札。
舞台上にはソファーやいす、一部はひっくり返っており、一部には布がかけられてい
ます。ピアノ、鏡台、壷など、主立ったものにラベル付けがなされています。
舞台の奥の部屋には布がかけられたシャンデリアが下がっています。
舞台の中央のソファには白い布がかけられた上に楕円形の肖像画がおかれています。
古びた家具のオークションから始まるとなると気分はオペラ座の怪人ですね。

黒服の女性が鞄をもって舞台の上に登場します。この時客席の明かりはついたまま。
指揮者はいません。舞台に注目して客席が静かになると、シルクハットの男達、作業
員連中がでてきて看板を脇にずらし、家具を片づけ始めるのです。舞台上のピアノを
弾く男一人、当初の音楽はこれだけ。まるでストレートプレイの始まりみたい。
そこで飛び込んでくるArmond、その場で倒れてしまいます。Armondへの拍手、が
そこで指揮者がオケピににょきっと登場。オーケストラがうごきはじめるのです。
指揮者への拍手をする間はありません。
私の席は指揮者のすぐ後ろの左隣の席で、この指揮者は動作が激しくて、私の視線
を指揮者の左手や頭がしばしば遮ります(涙)おとなしい指揮者ならよかったのに。

物語はオークション会場から過去へとさかのぼります。
バレエ鑑賞の場に、ArmondとMarguerite が同席します。女性は普通のドレス、男性は
二重回しのコートにフロックコート、それにタイツ。二重回しを脱ぐとすごく不思議
なかっこう(^^;)カップルが歩いていると、女性はトゥで歩き、男性はタイツというこ
れまた不思議な気分。お父さんだけが普通のズボンをはいており、ほとんど踊りません。
ArmondはMargueriteに一目ぼれ、彼女の部屋においかけていったArmondは彼女の
足下にひれ伏して愛を願います。ドレス姿で踊るバレリーナ達からはドレスをふりまわす
音がかなりはげしく聞こえてきます。通常のコスチュームとちがい、かなりな重労働なの
でしょう。でも普段着で踊っている感じでかっこいい。もちろんトゥシューズはいてます。
愛をかたっているあいだずっとお父さんは左側の舞台から張り出した場所に座ってい
ました。愛が成就したのちは、今度はArmondが舞台右側のはりだしでうずくまります。
彼女は舞踏会などで浮き名を流し、ときどきもどってきては抱き合い。。。
もともとは高級娼婦とのぼせてしまった若造、という関係のはずですが、Gomesに貫禄
がありすぎて&Vishnevaが可愛すぎて、百戦錬磨のお兄さんがお譲さんをひっかけた、
という風に見えてましたよ。
2幕の音楽はピアノしかありません。指揮者もいません。これがダンスとあってるんですね。
最初は舞台の上のピアノ、男同士のからみもあってコミカル。Dukeがきて二人にわかれ
るように言いますが、彼女はArmand をえらんじゃう。お父さんは舞台の脇におり、時々
彼らとからみます。このお父さんの存在が物語性を強くしているのですね。お父さんは
ほとんど踊らずマイムのみです。
手紙を書いていなくなる彼女、彼は追っていくがなんとまぐわっている姿をみてしょーっく。
Dukeはすっぽんぽん?お尻の筋肉が美しかった。
3幕の冒頭でようやく指揮者の挨拶と拍手がありました。でも3幕も半分くらいはピアノ
のみ。カーテンコールでは指揮者以外にふたりが舞台の上にあがって拍手を受けていま
した。幕の冒頭ごとにオークションのシーンに戻って、これが回顧であることを思い起こさ
せます。3幕ではヒロインには死相があらわれています。
彼氏は他の女を口説いて舞台のはしでまぐわい、えーとかなりエロなシーンが多い?
舞踏会やバレエのシーンはオーケストラ、ふたりだけのシーンはもっぱらピアノ、
たおれかかる彼女との苦しいデュエット。
最後は頬に紅をさしてふらふらになりながらバレエManon Lescaut鑑賞へ。
ここはArmandが舞台脇で手記を読んでおり、回想シーンであることが強調。
そして彼女は妄想の中でみてきたバレエを一緒におどって、でもキャストに邪険にされ
ながら、死んでいくのです。
なんといえばいいんだろう、かなり舞台に没入してしまい、時間がたつのを感じさせない
演出でした。新作ブロードウェイミュージカルの一部よりずっと物語性を感じましたねw
非常に演劇成分が多い舞台で、物語、ダンス、シーン、のバランスがよく、緻密な構成
だったと思います。劇中劇「Manon Lescaut」との組み合わせの妙も面白い。
エロ成分もかなり多いのも私には嬉しかった(^^;)
派手なジャンプやピルエットはありませんが、その代わりに様々なリフトが多用され、
しかもなんとなく自然に沸いて出てくる動きにみえます。そのわりにかなりアクロバティック
な動きもあり、もうちょっとでHand to Handになるかも、というところも私の心を掴みました。
この物語とバレエのバランス、私は好きです。それにしてもしっかり物語がすすんでいる
ところがいいですね。物語バレエとかいいながら物語はどーでもいいなんて感じのものが
かなりあるので。。とてもおもしろかったのだけれど、なんだかとても不思議なものをみたと
いう気分。フルオーケストラがいるのに、半分以上がピアノのみによる演奏も渋い。
観客の評判も上々なのにはびっくり、これって受けるんですか?もっとダンス成分が多く
ないといけないものだと思ってました。いや私はおもしろかったのですけどね。

ところでこれとオペラ座の怪人とどちらの成立が早いのでしょう?どちらかがどちらかを参照
しているような気がするのですが。。。

拍手[0回]



題名:TPAM(東京芸術見本市)2010/インターナショナル・ショーケース
日時:2010年3月3日19:00-21:30(途中休憩あり)
劇場:東京芸術劇場・中ホール
料金:無料(事前予約)
座席:最前列センター
主催:文化庁
共催:東京芸術劇場(財団法人東京都歴史文化財団)
企画・制作:国際舞台芸術交流センター

番組は次の3つ

 題名:フィンランド・ダンス情報センター・ショーケース(フィンランド)カルットゥネン・コレクティブ  (Karttunen Kollektiv)『デジタル・デュエンデ』
 振付:Jyrki Karttunen
 出演:Jyrki Karttunen/Eero Vesterrinen・Teemu Kyytinen
 テクニカル・ディレクター:William Iles
 照明・セット・音響デザイナー:Kimmo Karjinen
 カメラマン・グラフィックデザイナー:Ninna Lindstrom
 マネージングディレクター:Satu Immonen
 共催:フィンランド・ダンス情報センター
 カルットゥネン・コレクティブ オフィシャルHP http://www.karttunenkollektiv.fi/

 振付家・ダンサーのJyrki Karttunen率いるコンテンポラリー・ダンスのカンパニー。ダンスを
 最も重層的な哲学的表現であると同時に重要な社会貢献とみなし、常軌を逸した人間の動
 きの表現と伝統的なダンスの手法と融合させた作品を制作。ほぼ一年に一本のペースで
 作を発表、国内外でツアーも行なっている。

 題名:インドネシア舞台芸術見本市ショーケース(インドネシア)ナン・ジョンバン・ダンス・カンパニー (Nan Jombang Dance Company)『Rantau Berbisik』
 振付・作曲:エリ・メフリ(Ery Mefri)
 出演:Angga Mefri/Rio Mefri/Geby Mefri/Intan Mefri/Ririn Mefri
 照明デザイン:Tria Vita Hendra Djaja
 制作:Nan Jombang Dance Company-Padang
 協力:IPAM(インドネシア舞台芸術見本市:Indonesia Performing Arts Mart)

 983 年に振付家エリ・メフリによって設立され、スマトラを拠点に活動。ミナンカバウ文化の
 豊かさを広める事を目的として、国内外で公演を行なっている。伝統舞踊の起源にさかのぼ
 りつつ現代的な様式を構築しているダンスは、子供と大人がともに楽しめる優れた作品を作
 り出し、米国のアメリカン・ダンス・フェスティバルやオーストラリアのクイーンズランド音楽フェ
 スティバルなど国内外で活躍している。

 題名:CINARSショーケース(カナダ)カ・ピュブリック(Cas Public)『スイート・クルエル[残酷組曲]、あるいは悪魔は細部に宿る』
 振付:Helene Blackburn
 リハーサル・ディレクター:Nathalie Blanchet
 出演:Roxane Duchesne-Roy/Kyra Jean Green/Merryn Kritzinger/Rocky Leduc Gagne/ Pierre Lecours/Susan Paulson/Michel Spinnhirny/Georges-Nicolas Tremblay
 ピアノ演奏:Laurier Rajotte/Adam Johnson
 ドラムス演奏:Roxane Duchesne-Roy
 照明:Andreanne Deschenes
 音響:Samuel Theriault
 衣装:Annie Gelinas
 衣装仕立て:Annie Gelinas and Marie-Andree de Courval
 映像:LEMM(Martin Lemieux)
 調髪:Martin Morissette(Salon Lutece)
 シューズ:Luigi Luzio(Angelo Luzio)
 共催:CINARS
 カ・ピュブリック オフィシャルHP: http://www.caspublic.com/

 1989年に、すでに振付家・ダンサーとして地位を確立していたHelene Blackburnが、集団的
 創作の可能性を追求するため設立。コンテンポラリー・ダンスを刷新するため振付のリサーチ
 を行ない、ケベックを拠点としながらも、『Bluebeard』のパリ・オペラ座での公演が成功をおさめ
 るなど国際的に評価されている。近年では、コンテンポラリー・ダンスの普及のため、子供を対
 象にした作品も多数制作している。


無料の公演です。オープニングは客席は2割程度、最後でも半分程度?けっこうおもしろいのに
かなりもったいない。

・フィンランド
舞台の真ん中に赤いカーペット、周りに細い枝のみの鉢植え、それにライトが横についてい
ます。カーペットの真ん中に懐中電灯がひとつ。ワンベルの時に姿格好が同じようなお兄さん
が舞台に上がってストレッチをはじめました。
はじめはご挨拶、髭がないお兄さんが振り付け師。最初はライトが完全に消されました。そし
て懐中電灯で木々を照らしていって、木についたライトをオン!それからなんとなく動き始め、
肘から先の手踊り、歩くとぶつかって転げる、くなくなと倒れる。でんぐり返る。後で気がついた
のですが糸の切れたマリオネットのようだったのですね。曲がかわるとくねくねとたこ踊り?
曲がフラメンコにかわると力強くそれでいてどちらかというと過剰。2人がシンクロしている部分
は力強い。
全体としてはなま暖かいコンテンポラリー、でもほとばしる汗。最後は元に戻って懐中電灯のみ
で手踊り。元のマリオネットに戻ったようです。私はけっこうすきです

・インドネシア
木のテーブル、倒れた椅子、食器だなと食器、民家の中という雰囲気です。
テーブルの上で軟体もどきのダンスから始まりました。後ろでは食器棚の皿を
叩いてリズム、机も叩く、その音で机の上のダンサーが踊っていたかと思うと、後ろで皿を叩いて
いたキャストも踊り始めました。しかも皿とスプーンを重ねて持って。皿とスプーンをうちあわせ
て音を出しながらのダンスはすごい。皿を持った手がが自在に動いてそれでいてリズムも刻まれて
います。スプーンなしで皿だけ持ったキャストはもっと大胆なダンス、大神楽の皿の芸よりずっと
激しい動きです。後半になって歌手も登場。かなり良い声で、なんとなく不思議な空間を醸し出し
ています。歌とダンスと曲芸がまざったようなステージでした。
もしロングバージョンがあるのだったらもう一回見てみたい。

・カナダ
セックスとバイオレンスな言葉をつぶやきながらはじまりました。
大人数でいかにもこんてんぽらりーな感じ。はげしい一見不規則な動き。
タイトル通りのあくが強いステージでした。

拍手[0回]



題名:私の恋人(あいじん)
日時:2010年1月5日19:35-20:50
劇場:東京芸術劇場小ホール1
料金:前売3500円
座席:2列目ベンチシート中央
構成・演出・振付・出演:近藤良平、黒田育世

私の前は座布団席です、後ろは床にいす、その後ろが階段状客席です。
舞台の高さは50cm程度、客席と舞台の間はかなりあいています。
上手奥にはテーブルと小物、下手には舞台の後ろにグランドピアノ。

冒頭は近藤さんが黒田さんを肩に担いで登場、近藤さんが出てきて前説と挨拶。
「きっちりつくってません」
「私の恋人(こいびと)の続編ですが、私の恋人(こいびと)では最後に死にました。
そしてその続きがこの舞台。途中で魚や鳥がでますが気にしないでください」
挨拶をしている最中に、黒田さんと近藤さんの体がうねうめ絡んで気がつくと黒田
さんは床の上におりていました。何か不思議な瞬間。
これはダンスステージというより、道具を使った2人遊びを脇から眺めている感じ
でした。一緒にぬいぐるみであそんだり、こものを撒き散らしたり。
そしてその合間にダンスがちょこちょこっとはいります。黒田さん、かなーり無邪気
な感じ。何度も着替え、近藤さんにいたずらしたり、近藤さんのピアノに合わせて
ダンスを踊ったり、だだをこねたり。
もちろんダンスはソロもデュオもあって、とりわけ二人が激しくからむクライマックスの
シーンは印象的でした。ふたりで同じ振付をしていても全然違うように見えますね。
黒田さんは大地に根が生えているようです。近藤さんはくねくね手足があらぬ方向
に向かっているような感じ。
印象深かったシーンはシュールなものばかり。近藤さんが舞台から飛び出してばっ
たり倒れた上に黒田さんがみかんを絞ってかけ、その上からみかんをばらまく、
小物・下着・服・ぬいぐるみをまき散らす、釣り竿でパンツをつって客席へ投げる、
覆面をしてダンス、近藤さんが逆立ちしたところをテープでとめる、でたらめ語?を
話してその翻訳のように詩を読む、ジェスチャーから言葉を当て辞書で意味を引き
それを読み上げる、それがいつのまにか言葉を身体で表現するに、、。
腸捻転のジェスチャーはうねうねw。毒殺、撲殺、刺殺とか恐ろしい言葉をかわいい
顔で明るく話してました。覆面をしたダンスはかなり興味深く、なんだか印象が相当
に違いました。ダンス鑑賞においても顔の表情からの情報がかなりのウェイトを占め
ているのだなあと感心。
客いじりは2回、ひとつはコートを着せて記念撮影、もうひとつはジェスチャーで
使っていたナイフを使ってスイカを割って食わせる。。なんでも季節外れなので1個
5000円もするのだそうで。私の目の前の席のお兄さんが食わされてました。ああ
私も食べたかった。
そういうわけでかなり興味深い舞台でした。

拍手[0回]



題名:フラメンコショー
日時:2009年10月24日1部19時-20時、 2部21時-22時
劇場:スペイン料理ファミリア(高田馬場駅徒歩1分)
料金:チャージ1500円+飲食代
座席:右側後方
出演:
  G 住田 政男
  C 内田 みつる
  B 後藤 めぐみ
  B 忍  あつこ 
  B 富沢 礼子
  B 額田 麻椰
  B 曽根 直子
  B 立田 伸子
番組:(1部のみ確認)
  セビジャーナス
  アレグリアス
  ティエント
  ブレリア

シアターレストランでのショーです。友人の友人が出演
しているということで見に来ました。
外は冷たい雨、でも場内は満員で熱気に満ちています。
さほど大きくない室内の一方の壁が舞台となっていました。
キャストは1部も2部も一緒、ただし内容がいました。
まず感心したのは歌手の声の良さです。叫ぶような、絞り
出すような、語りかけるような歌声はかなりいけてました。
フラメンコは歌手が主体で、ダンサーが歌にあわせるもの
なのだそうですね。ダンスは各種制約の中での即興なので
しょうか。すばらしく速いステップがあるかと思えば、
大地に地を生やしたようなものもあり、踊り手によって全然
違います。ただ、前方のお客さんの頭で足元が見えないのが
悲しい。
ギター奏者がMCをかねて、
フラメンコは人にみせるものじゃなかった、
バラはくわえません、などと蘊蓄を聞かせてくれました。
なかなかいい感じの舞台とレストランでした。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析