忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
題名:シルヴィ・ギエム最後の「ボレロ」
日時:2005年12月6日18:30-21:20(途中休憩3回あり)
劇場:東京文化会館
料金:S席14000円
座席:1階8列13番(8列目センターブロック左端通路際)
劇団:東京バレエ団
番組:
 「スプリング・アンド・フォール」(35分)
   振付:ジョン・ノイマイヤー  音楽:アントニン・ドヴォルザーク
  出演:長谷川智佳子-木村和夫
      高村順子、門西雅美、加藤 文、西村真由美、佐伯知香、吉川留衣
      高橋竜太、古川和則、平野 玲、中島 周、野辺誠治、氷室 友、辰巳一政、宮本祐宜、小笠原亮

「PUSH」(30分)
   振付:ラッセル・マリファント  音楽:アンディ・カウトン
  出演:シルヴィ・ギエム、マッシモ・ムッル

「シンフォニー・イン・D」(25分)
   振付:イリ・キリアン  音楽:ヨーゼフ・ハイドン
  出演:吉岡美佳、高村順子、大島由賀子、小出領子、西村真由美、乾友子、佐伯知香、高木綾
      後藤晴雄、高橋竜太、古川和則、平野玲、中島周、野辺誠治、小笠原亮、松下裕次

「ボレロ」(20分)
   振付:モーリス・ベジャール  音楽:モーリス・ラヴェル
  出演:シルヴィ・ギエム
      木村和夫-平野玲-古川和則-大嶋正樹

満員です。特別テープ利用の音楽でした。劇場にオケピはあるのですが。。。
4列目までは同じ平面にあり、5列目から階段状になっています。
1列目だとちょうど床が目の高さにあるようです。8列目はなかなかいい感じの位置でした。
私はバレエをほとんど見たことがないのでどの作品も初めてみることになります。
東京バレエ団を見るのは「ザ・カブキ」以来2度目。ギエムを見るのは初めて。

さて1作目は「スプリングアンドフォール」。
最初は後ろの幕のみが明るく、シルエットでカクカクとした動き。へーおもしろいと
思っていたらひとりだけ残って明るくなりました。この男性ダンサーの筋肉がすばらしく
きれい。よく鍛えられた腹筋に三頭筋に背筋。すっくとたって振り向いただけでほれぼれ。
最初の場面は男性ダンサーが皆上半身裸で舞い踊ってくれたので、筋肉の脈動美を満喫
できました。途中から服を着た衣装になったのはちょっと不満かも(^^;)
女性はコケティッシュな動き。かわいい感じで男に迫っている?カクカク、くねくねした
動きが多くて見ていて興味深い。ただ繰り返しがちょっとばかり多くて最後は多少あき
かけたかも。春と秋でくりかえし?それにしても男性ダンサーは三頭筋から肩の筋肉の
つきかたがばらばらなのですね。シルエットがだいぶ違ってみえました。腹筋と背筋は
同じ様に鍛えてあるのに不思議。リフトはちょっと不満。持ち上げた段階でいったん沈ん
で、ちょっと重さを感じさせてしまったりぶれたりしていたのがなければなあ。
1幕終わったら床に張ってあったシートをはがしていました。なんだったのでしょう?

2作品目は「Push」。
真っ暗の舞台に横に一筋の光、その中に浮かび上がるのは女を肩車した男。
男が女を下ろすと舞台は暗転、また一筋の光で浮かび上がるのは異なった形で
女を担いだ男。これが数回続いたでしょうか。舞台はほとんど漆黒のまま、
重苦しい空気の中で、男と女が絡み合い、転がり、持ち上げられ、背中に
飛び乗りそして降ろされ。。このリフトがすごい。背中に飛び乗られてもぜんぜん
ぶれず、重心移動もなく女の重さをまったく感じさせません。体感的には10秒に
1回のリフトといったところでしょうか。床に座り込んでいる女を瞬時に抱き上げて
しまう男。男の背中でさまざまな動きをする女。時間と重力が異なった動きを
しているかのようです。バレエでトンボを切るのも初めて見たかも。
とにかく力技を堪能!大満足のキャストと振り付け。
惜しむらくは男がシャツを着ていたこと。裸だったら筋肉の動きがよくみえて
いたでしょうね。しかし、この作品普通の人に受けるの?

3作目は「シンフォニー・イン・D」黒と黄色のコスチューム、男は黄色の野球帽、
女は黒の野球帽を被って子供がじゃれあっているようなコミカルな光景の連続。
聞いたことのあるメロディに乗ったかわいらしい振り付けは微笑ましいもの。
2作目とうって代わってずっと明るい舞台に心も明るくなるという感じでしょうか。
男が4人並んだところに女が飛び込んで最初は腕で左右にゆさぶられ最後は
足の甲に乗せられて右に左に、などと面白いパターンもありました。
気楽に見られる一品ですね。

さて最後はお待ちかねの「ボレロ」
暗闇の中からピンスポットでメロディの片手が浮かび上がりました。普通ならば
ありえないかくかくした動き、それでいて何か神秘的なものを感じさせます。
舞台が明るくなるとテーブルの上にひとりたつメロディ、そして周りを囲んで
椅子に座るリズム。その中でじわじわとメロディのテンションがあがっていきます。
まるで巫女みたい。立ち上がるリズムたち。いやーこの群舞はたまりませんわ。
この振付をおこなったベジャールは偉大だと思う。これはメロディのキャラクタ
で全然違う舞台になりえますね。ギエムは円熟味を帯びた、神に仕えるかのような
振る舞いでこれはこれで結構なものでした。でも私としては筋肉をきっちり備えた
男性のシャープな踊りで見てみたいと思うのです。首藤さんのボレロを見逃した
のが実は痛恨だったかも。。
それにしてもいいものをみました。ボレロまた見てみたい。
終演は予定時刻より15分遅れました。


拍手[0回]

PR
題名:プレステージ特別企画フラメンコライブ
日時:2005年9月9日19:15-20:00(一部のみ、二部までみると22時近く)
場所:ダンススタジオプレステージ(ラクーアの近く)
料金:一部のみ2500円(通しで4000円)フリードリンク
座席:最前列右端から3番目
出演:
   ギター:山崎まさし
       片桐勝彦
   歌:  加藤直敬
       有田圭輔
   踊り: 水村繁子
       浅見純子
       池上源太郎
URL:http://page.freett.com/pre/
番組:
   オープニング  片桐勝彦、加藤直敬
   マルティネ・シギリージャ 有田圭輔、池上源太郎
   アレグリアス  浅見純子
   ソレア  水村繁子

満員、入場整理券を5:15から配っていました。私は当日予約なしで行って、満席と
断られかけた時にちょうどキャンセル1席の電話!この電話のおかげで見ることが
できました(^^)/
ここは水道橋グランドホテルの隣、いつもは練習用のスタジオなのですが、一ヶ月に
二度程度フラメンコショーの公演があるのだそうです。二ヶ月先の公演ちらしまで
おいてあって、11月末の公演はすでに満席でした。劇場は60-70人もはいればいっ
ぱいでしょうか。客席手前のロビーでは缶ビール、缶チューハイ、ワイン、ジュース
と簡単なつまみが用意されていました。開演前に飲めると幸せ♪
男性キャストのダンスが迫力あり!またみたい。
歌も期待以上でした。

拍手[0回]

題名:アルビン・エイリー・アメリカン・ダンス・シアター2005
日時:2005年5月28日14:00-16:02(途中休憩2回あり)
劇場:東京国際フォーラムC
料金:S席12000円
座席:1階9列11番
劇団:ALVIN AILEY AMERICAN DANCE THEATER
番組:
LOVE STORIES(2004) 
時間:30分
振付:Judith Jamison with Robert Battle and Rennie Harris
音楽:Stevie Wonder
出演:
Renee Robinson, Tina Monica Williams, Linda Celeste Sims,
Venus Hall, Olivia Bowman, Vernard J Gilmore, Dion Wilson,
Samuel Deshauteurs, Zach Law Ingram, Willy Laury,
Glen Allen Sims, Chris Jackson

SHINING STAR(2004) 
時間:20分
振付:David Parsons
音楽:Earth, Wind & Fire
出演:
Linda Celeste Sims, Tina Monica Williams, Venus Hall,
Olivia Bowman, Hope Boykin, Glen Allen Sims,
Guillermo Asca, Chris Jackson, Antonio Douthit, Clyde Archer

REVELATIONS(1960)
時間:32分
振付:Alvin Ailey
音楽:Traditional
出演:
      悲しみの巡礼
   アイ・ビーン・ビュークト
舞踏団総勢
神はダニエルを解放しなかった
Zach Law Ingram, Lisa M. Thomas, Gwynenn Taylor Jones
   フィックス・ミー・ジーザス
Wendy White Sasser, Dion Wilson
私を河につれて行って
   行列
Kirven J. Boyd, Roxanne Lyst, Chris Jackson, Zach Law Ingram
   河を渡る
Dwana Adiaha Smallwood, Glen Allen Sims, Briana Reed
   心構えをしよう
Guillermo Asca
  さあ仲間たちよ、働け
   罪深い男
Clyde Archer, Antonio Douthit, Abdur-Rahim Jackson
   去り行く日々
舞踏団総勢
   走り続けて
舞踏団総勢
   アブラハムの胸にわが魂を慰め
舞踏団総勢



1階はほぼ満席、当日に購入。ちょっと横にずれてますが、全体を見渡すのに
なかなか良い距離の席です。
オープニングは黒人のお兄さんが寝起きでのたのたとウォーミングアップ?
この人がいいからだ、ダンサーというもの背中にはきっちり筋肉があるのですが、
この人は二頭筋も胸筋もすごくきれい、横からスポット照明を照らしているだけ
なので筋肉の陰影が非常に美しく映えてました。練習着スタイルで大勢が集まり
練習調のくだけたダンスから、そろった群舞になります。
床を片手1本で支えながら回るのもゆっくりできれい、ヒップホップも
いろいろなダンスの振付が混ざっているようですが、私には区別も表現もできません。
後半部分では多少脱力気味の振付に、気持ちよく天井を向く足の裏が印象的でした。
あっというまの30分、時間を感じさせません。ところでどのあたりがラブストーリー?

次の作品は全員が白いコスチュームで登場。白いシャツとパンツ、スカートでいかにも
楽しそうにスタイリッシュに踊ります。途中で男女ペアによるダンスがあるのですが、
これがリフトの連続、リフトした上で振り回すとか、女性を頭上に差し上げておいて
スピンするとか目が点になりました。私がバレエのリフトを見ていてしばしば感じる
女性の重量感を一切感じさせることのない、無重力状態のようなリフトでした。
後半では男性が真っ白なロングコートを羽織ってのヒップホップ、裾がひらひら
まわって全然別種のダンスみたい。カーテンコールでも途中で脱力した形でまた
ダンスに入りました。

最後はこの舞踏団を世に出したといわれる作品です。ゴスペルに乗って繰り広げられる
ダンスは美しい。苦しみから始まって、最後はハレの日の大きな笑顔。
でもなんだか美しすぎて、、もうちょっと泥臭い方が迫力があるような気が、、
プログラムの解説を読んだら、やはり時代の流れと団員の力量の向上により変貌してきた
と書いてありました。罪深い男たちの3人の群舞はすごい、拍手が一番多かった気がします。
全体として大満足の公演でした。しかしこれをNYで見ていないのは悔しい。
どうやら毎年年末に定期公演をやっているとかで、そのタイミングだと私は見ることが
できません;_;

拍手[0回]

題名:Swanlake
日時:2005年4月26日19:00-21:30(途中休憩あり)
劇場:オーチャードホール
料金:S席15000円(オーケストラ付料金)
座席:1階18列25番(横通路際)
劇団:Adventure of Motion Picture(AMP)
出演:
The Swan / The Stranger:Jason Piper
The Prince:Christopher Marney
The Queen:Nicola Tranah
The Private Secretary:Alan Mosley
The Girlfriend:Sophia Hurdley
The Young Prince:Gav Persand

1階席の後の方は空いてました。今日もとくチケが出てたはず。
キャストは前回とほとんど代わらず。
初の生オーケストラ付Swanlake。15000円。
さすがに生オケの迫力はすごい。PAとちがって低い音も高い音も
強い音も弱い音も繊細な音も厚みのある音も皆聞こえます。
音が違うだけなのに脳内で変化がおきているせいか、細かな振付まで見えてきました。空を切り裂く白鳥の羽と音とでもいいますか、
白鳥池の上に出ている月の輝きがました感じ。

でもどうも音と動きがあってないんですね。全体的にアップテンポでダンサーが音に間に合ってない感じ。間に合わないものだから群舞でそろわなくなっちゃう。焦って体を動かしているのが伝わってくるみたい。もうちょい完成したものを見せて欲しかったというのが偽らざる心境。

でもテープかオケかと言われたらオケを取る。
ちなみにテープ公演とオケ公演の価格差は3000円でした。

拍手[0回]

題名:Swanlake
日時:2005年4月7日19:00-(途中休憩あり)
劇場:オーチャードホール
料金:S席e+割引6000円(半額)+手数料500円
座席:1階21列28番(横通路の2つ後ろ、右側通路のちょうど後ろ)
劇団:Adventure of Motion Picture(AMP)
出演:
The Swan / The Stranger:Jason Piper
The Prince:Christopher Marney
The Queen:Nicola Tranah
The Private Secretary:Alan Mosley
The Girlfriend:Leigh Daniels
The Young Prince:Gav Persand
Swan:
コーディ・チョイ、サイモン・カレイスコス、ベン・ディクソン、ショーン・ウォルターズ
サミュエル・プラント、デイヴィット・リース、ヘンドリック・ジャニュアリー
ニコラス・カフェツァキス、サイモン・ハンフリー、ドミニク・ノース
レイン・ド・ライ・バレット、グレン・グラハム、ピーター・ファーネス、クリス・キーリー
Ensemble:
ソフィア・ハードリー、トレイシー・ブラッドリー、ピア・ドライヴァー
キャンディス・エヴァンス、ロリアン・デルトゥイユ、カースティ・マザー
メリアム・ポーリアン、ヘザー・レジス・ダンカン
コーディ・チョイ、サイモン・カレイスコス、ベン・ディクソン、ショーン・ウォルターズ
サミュエル・プラント、デイヴィット・リース、ヘンドリック・ジャニュアリー
ニコラス・カフェツァキス、サイモン・ハンフリー、ドミニク・ノース
レイン・ド・ライ・バレット、グレン・グラハム、ピーター・ファーネス、クリス・キーリー


白鳥のポーズを模したフィギュアのディスプレイが劇場前にありました。劇場外で
かかっている音楽はもちろん白鳥の湖、音楽聞いているだけでわくわくしてきます。
今回はe+plusの得チケにより購入しました。半額だから後の方かなあと思っていたら
1列前が通路に接していて一段高くなっている上にに通路の真ん前、すごく見やすい席
でびっくりでした。これで半額は嬉しい。
幼年王子は前回と同じひと、大きくなってますなあ。
女王と王子を迎えて民衆が手を振るシーンからの群舞は軽やか。
彫像の背中、今回は彫りが深い、ということはスワンの筋肉に期待が持てる!
最初にスワンとして登場した時も首の後ろの筋肉がとても美しく見えました。
今回は筋肉美白鳥ですね。それにくらべてアンサンブルの背中がいまひとつ。
半数の背中に表情がない?というと言い過ぎか。劇中劇は記憶していたより
かろやかに踊られてました。ガールフレンドがちょっとトウがたってます。これだと
マザコン王子でもちょっと引くかもしれません。客席で携帯を鳴らすのは新しい趣向?
王子が母親にすがるシーンは妙に力がこもっていてそのまま押し倒すのではないかと。
しかし、なぜそこで離す?そのまま行けるだろう!
Swankbarの群舞は何度見ても楽しい。どこ見ていいかいつも悩みます。バーから出て
後ろの光景が透けて見えるときは本当に白鳥が見えます。このシーンは泣けてきます。
ここからお待ちかねの公園白鳥群舞の場面。何度も見て何度もDVD見てるのに覚えて
いないシーン多数、情けない。王子とスワンが絡むシーンはなにやら宙を舞っている
かのよう、ちょっとばかり重力が無視されている模様で睦まじい。しかし、大勢の
群舞はどうもばらけていていまひとつ乗り切れません。四羽の白鳥もどうも音楽に
乗ってないような。。それから背中がてかてかひかっているのは汗?油じゃないよね。
舞踏会シーンはより派手になっている?きらきらめりはり。女性もきれい?
マザコン王子もよりはっきり、それでいてストレンジャーがスワンとわかった
とたんに元気はつらつ(^^;;)スワンであると正体を明かすところはわかりやすく
なってると思います。ストレンジャーが女性を持ち上げるのは少しばかり
重そうに見えちゃいました。でもストレンジャーと王子とのからみになると軽々、
このあたりからもう王子の脳内での出来事なのかもしれません。
手術前の影を使った演技は毎度怖い。ベッドの下から白鳥が出てくる時はやっぱり泣ける。
王子が倒れている時のスワンの雄たけびは、これから変身で超人ハルクになるみたい。
王子が殴る蹴るされている中にはいる寸前、筋肉の張りが最高潮に!そして突入!
でもアダム白鳥ほど強そうじゃない。多勢に無勢でやられてしまい、最後は昇天。
全般的に前回よりわかりやすくなってると思います。これで6000円なら安い。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析